医療従事者のための法律相談 クレーム対応・治療費不払い・医療事故・事業承継・倒産手続きなど医療現場での様々な法律問題を解決

医療従事者のための法律相談 クレーム対応・治療費不払いなど医療現場での様々な法律問題を解決

医師、看護師、病院、診療所が直面する
医療現場でのクレーム対応、医療事故など
医療関連の法律問題を解決します。

医療従事者のための法律相談 弁護士 大野弘明によるクレーム対応・治療費不払い・医療事故・事業承継・倒産手続きなど医療現場での様々な法律問題を解決。
事務所移転のお知らせ

2017年4月10日より以下の住所に事務所を移転致します。移転に伴い電話番号/FAX番号も変更となりますので、ご注意ください。
新住所:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階 TEL : 03-6262-9980 FAX : 03-6811-6885


弁護士大野弘明の名前を騙った電話勧誘にご注意ください!

最近、私弁護士大野弘明の名前を無断で語り、詐欺の被害金を取り戻しますというような勧誘電話がなされているようです。
私は、そのような勧誘電話をすることは一切ありませんので、このような悪質で巧妙な勧誘には十分ご注意いただきますよう、お願い申し上げます。

大野弘明 弁護士が、福島県北地域柔整師の会(柔和会)にて「クレーム対応のコツ」について講演しました。2015年6月
大野弘明 弁護士が、茨城県精神科病院協会 施設事務長総会にて「クレーム対応のコツ」について講演しました。2015年6月
医療従事者のための法律相談 医療クレーム対策のポイント
  • いざ顧客のクレームに対応をしなければならなくなった場合、どのように対応すればよいでしょうか?

  • ・クレーマーの言いたい事をしっかり聞く。

  • ・クレーマーは、興奮状態にいることが多いので、まずは冷静になっていただく。

  • ・クレームには応じることができないことをはっきりと伝える。

  • ・クレーム対応には、できるだけ録音して後で内容を把握できるようにする。

  • ・治療以外のクレームに関しては、適切に謝罪をし、原因究明のうえ改善をする。

弁護士の大野弘明と申します。
私のモットーは、「みなさまに安心を提供する」です。
私どもは、依頼者の皆様の安心のため、依頼者の皆様に質の高い
リーガルサービスを提供することをお約束いたします。

2002年 司法試験合格
2004年 弁護士登録(第一東京弁護士会 登録番号32158)

国内法律事務所及びコンサルティング会社での執務を通じ、
訴訟、M&Aから交渉などの日常業務まで幅広く対応している。

私は小さいころ体が弱く、よく病気をしていました。加えて喘息もちであったため、
頻繁に病院に行っていました。その度お医者さんのお世話になり、
「病は気から」ということからか、いつも励まされていたことを今でもよく覚えています。
そのため、いつもお世話になっているお医者さんや看護師さんに
恩返しをしたいと思うようになりました。

今日の病院事情ですが、昨今の個人の権利意識の高まりを受けてか、
病院などに様々なクレームを言ってくる患者が増えているという話を聞きます。
また、現在では理不尽な要求やクレームを言う患者を指してモンスターペイシェントという
言葉まで生まれています。他にも、治療費を払ってくれない、暴力を受けたなど様々な
トラブルに医療従事者は巻き込まれていることが現状です。
また、病院や診療所(クリニック)を経営している場合、相続などで病院や診療所(クリニック)の
事業承継やM&Aということも問題となってきます。経営が苦しくなってしまった場合には、
民事再生という手続をとることも検討しなければならなくなります。
このような現状を踏まえ、内科、外科、皮膚科、小児科、眼科、整形外科、歯科、美容整形など、
一言で医療といっても様々な分野がありますが、医師、看護師、その他医療従事者及び病院や
診療所(クリニック)に対する法的サポートを実現するために本ホームページを立ち上げました。
まだまだ不十分な箇所が多数ありますが、皆様の日常業務の一助になれば幸いです。

  • ご相談をご希望の場合は、事前にご予約いただけますようお願いいたします。